上高地明神観光登山基地。旅館で山荘のホテル予約。女性1人旅でも宿泊できる、気軽な雰囲気の宿です。

上高地の歴史

  • HOME »
  • 上高地の歴史

第1時代~穂高見命(ホタカミノミコト)に由来する時代~

綿津見(わだつみ、海神)の神の嫡子、穂高見命、美濃の陸続き上高地に降りる。<

俗名、穂高見命の本名は、宇都志日金析命(ウツシヒガナサクノミコト)。
まさに宇都は、宇都宮を連想させる。神武帝の叔父であり、海軍大臣、外務大臣。

倭(ワまたはヤマト)の奴国の王であったのではないかと。 綿津見族の略称が、安曇族である。

綿津見族は、製鉄技術を持っていた様です。

穂高見命の最大の任務は、天皇族の1敵国で、
出雲族とも通じた、諏訪族、建御名方命の監視である。
そして妹、八坂刀売命は、諏訪大社、下社の祭神となる様、河合神社出展。

従い諏訪下社は、海の神、上社は、戦の神となるのだろうか?
諏訪地方は古代の矢尻となる黒曜石の最大産地でした。

安曇族の主領地は、
筑前、隠岐、肥前、豊後、島根、瀬戸内海、淡路、阿波、滋賀、河内、三重、三河、美濃、信濃、更に東方各域、等の様。
安曇族は、神武天皇以前に別れた皇族への爵位、
連(むらじ)の姓(かばね)を持つ。

歴史上安曇族が、消滅するのは、大事件。
壬申の乱、中国大陸から見て日本列島を2分した大戦争。古来のヤマト(倭)の国と、今の日本の国との、菊の旗どうしの大戦争で勝った、天武天皇の亡き後、、
別の宮廷闘争が有り、既に亡き天智天皇の後ろ盾、中臣族などにより、神話が、書き換えられた疑いがありそうです。

かすかに、名残は、海神、雷神として。人名では、アズミ、アツミ、ワダ、ワタナベなどでしょう。 命が穂高の山を愛した為、穂高見命と言われたのが実情であろう。

里宮には、穂高見命の外、天照大神、ニニギ命等の神も大神として祭られている。

上高地の明神地区は、特別に後まで神河内(かみこうち)と、言われ、
穂高岳の尊称が明神岳。明神岳最南峰は、特に立て穂の山と呼ばれていた。

第2時代~空白期~

おそらく安曇村及び近隣の人々が、勝手に木々を伐採、
又、狩猟生活していたことであろう。

第3時代~江戸時代、松本藩による、樹木の伐採出し~

元禄時代の元締文書には、常設きこり小屋として徳郷の小屋を中心に12個所、下より
田代、湯川、越後川、宮川、徳郷(トクゴウ)(明神)、徳佐(徳沢)古池、横尾、わさび野
わさび沢、熊倉沢、一の俣、二の俣があった。
杣には、入り4カ村、今の安曇村全域から入った。

上高地に入った約14人ほどの出張役人は、
徳郷の役人用宿泊小屋で数日過ごし、

与九郎の地(明神橋辺り)で、木々をあらため、
後、湯屋に移り、釜を木々が通過するのを確かめて帰った。

現在の明神橋あたりに、上高地唯一の橋、
与九郎大橋があった。善光寺街道の一部。

現在、これらの地名は、忘れ去られているが、
トクゴー(徳郷、徳吾、徳合、徳本)は、
昔の白沢の渡、今の明神館の地である。

この地は上高地の中心なので建物も多くあったと思われる、
何軒も小屋があったはずなので、徳郷が、最も当時を知る名前のように思う。

明神館の前身の徳郷の役人小屋は、1600年-1700年に創設されている。

与九郎の地は、明神館と明神橋の間の地のこと。
宮川とは、明神池の地のこと。
明治に、キコリ小屋の一つ、宮川の小屋に住みついたのが、嘉門次です。

明治に、湯屋を旅館にし、上高地温泉㈱が出来る。

昭和初期に、キコリ小屋の一つ、徳沢小屋を旅館にしたのが
徳本小屋と共に、上高地牧場を創設したのが、西の奥原家、上條家です。

徳本小屋は、言うまでもなく、旅館、明神館の前身です。

「信府統記」等は、穂高岳とは、穂高明神の鎮座する山としている。
明神周辺を、神合地としている。

1828年には、播隆上人、槍ヶ岳登山がある。

穂高神社、奥宮参りも、しばしば行われている。たぶん徳郷の小屋の一つに泊まったことでしょう。

第4時代 ~明治時代から。 材木伐採と牧場の時代そして登山の黎明期~

明治元年、徳沢のキコリ小屋の炊事夫、嘉門次、上條家の養子となる。
明治7年、上高地の伐採に係った「入り四ヶ村」合併により安曇村誕生

明治14年、ウィリアム・ガウランドが日本アルプスを命名した。

明治18年、上條百次朗(私の祖先の一人)上高地牧場開設、
最初の牧場としては、現在の上高地温泉付近を使ったもよう。

嘉門次、上高地牧場に上納することで、池で漁をすることとなる。

明治24年、ウォルター・ウェストン、旧島々村の旅館、清水屋の主人
と旧島々村橋場地区の案内人3人とで上高地へ入る。

このころ、上高地温泉株式会社が設立される。

明治25年、与九郎大橋が流された事により、河童橋(跳ね橋)を設立。

明治26年、ウェストン穂高岳(現在の明神岳と前穂高岳の総称)登頂
案内人として、嘉門次と上條万作を選ぶ。

嘉門次がたまたま、案内人の一人に選ばれた。
明治29年、ウェストン著書発表

小島烏水により、徳郷の小屋(明神館の旧名)、温泉宿(上高地温泉)、
宮川の小屋(嘉門次の小屋)の三つが上高地にあったことが確認されている。
徳郷(現在の明神)の小屋には、放し飼いの牛馬を監督する男が住んでいたという。

明治20年頃 日本地図編算により、 それまで、峠と言えば、上高地に入る道はこの峠以外に無く。 突然、徳本峠の名前が当てられた。
徳本の漢字の当て字名は、あまり定かでない。
徳郷へ到る峠なのでそうなった。

明治31年、明神池が長野県の社有地となり、翌年穂高神社に引き継がれる。

明治38年、日本山岳会発足。

明治43年、現在のような吊り橋として初代河童橋できる。

明治45年、養老館(五千尺ホテルの旧名)開業。

大正初期 山岳名の大変更により
穂高岳の名称は、明神岳連峰群と前穂高岳連峰群に分割され、
菊の紋章にかぶり、怖れ多いことから、神の山、単純名の「穂高岳」の名称が消滅し明神岳となった。

大正4年、焼岳大爆発、出来た池を大正池と命名。

大正5年、山林局が上高地一帯を保護林に指定、
長く続いた材木伐採の歴史が幕を閉じた。

大正12年、上高地温泉㈱が、徳本峠小屋を設立。

大正13年、徳郷に、吉城屋開業、
徳郷小屋の権利者による、吉城屋明渡し裁判始まる。

昭和2年、芥川龍之介、小説、「河童」発表

昭和3年、上高地が国の名勝及び天然記念物に指定される。

昭和4年、徳沢園が牧場の小屋として始まる。
(現在、徳沢園前の牧場の跡地は、広大なキャンプ場となっている。)

昭和8年、上高地へバス乗入れ、帝国ホテル開業、

昭和8年、徳郷小屋の権利者により、明神館の開設。

昭和9年、上高地が中部山岳国立公園に指定される。

同時、長い間続いた上高地牧場が、終わる。

昭和10年、河童橋までバス乗り入れ開始。

昭和23年、岐阜県平湯までバス乗り入れ開始。

昭和27年、特別名勝及び特別天然記念物に指定される。

昭和28年、上高地の主官庁が、林野庁から厚生省へ所管替え
田代橋から小梨平までは、集団施設地区として、及び徳沢地区は、
これにより、厚生省、後には環境省の土地へと変貌する。
明神、明神池地区は、
古来、木材と関連が深かったのか林野庁の土地のまま。

第5時代 ~三つの顔の上高地~

大衆登山基地としての上高地、
大自然の中の保養地としての上高地、

大観光地としての上高地。

昭和30年代を過ぎると、奈川渡ダムの建設等、バス道が整備される。
昭和31年、実在のナイロンザイル事件から、井上靖、小説「氷壁」

昭和40年、上高地バスターミナル完成

昭和42年、第一回上高地開山祭。

昭和40年代、中の瀬、及び徳郷(白沢の渡、明神)のキャンプ廃止。

昭和50年、上高地、岩魚全面禁猟となる。

昭和30年代までは、登山といっても今と全く比べ物にならない。
まず、横長のキスリング(ザック)。
ほとんどは、徳本峠を越えた。バスで来ても、歩いてきても、
時間には、変わりが無かった為であろう。
高村光太郎と智恵子、芥川龍之介等など、文化人も徳本峠を越えた。

そして、入山者数は、比べ様も無くはるかに少ない。

今、上高地と言えば、河童橋と、大正池しかない、という時代となった。

平成10年、中部縦貫道の一環として、安房トンネルがあいた。

今後は、どのような展開になるのでしょうか。

電話予約はこちらから TEL 0263-95-2036 お気軽にお問い合わせください
受付時間 9:00~20:00

お知らせ一覧

明神館ブログカテゴリー

上高地のパワースポット

カメラ
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 上高地 朝焼けの宿 明神館 All Rights Reserved.